Kotist, Composer & Arranger Nozomi Miyanishi

- 宮西 希 オフィシャルサイト -

PROFILE


        Photo by 内藤雅光
みやにし のぞみ
宮西 希

Kotist(箏奏者)
4月23日生
埼玉県春日部市出身
(千葉県船橋市生まれ)
血液型B/身長153cm
Facebookページ
YouTubeチャンネル

日本の伝統楽器である「箏」の奏法や特色を大切にしながら、ポップスやロック、JAZZ等『宮西 希』が今まで触れてきた音楽を融合させ、自身が書き下ろしたオリジナリティ溢れる楽曲を独特のスタイルで表現している。
伝統継承を重んじた従来の箏曲演奏とは一線を画し、自らをKotist(コティスト)と称して、グローバルな活動を展開している。

まるで数面の箏が合奏をしているかのように聴こえる“独奏”に特徴があり、メロディー、伴奏、オブリガードを十本の指が舞うように弾く宮西独特の奏法はダイナミックで迫力があり、聴衆の心を魅了する。 作曲から編曲まで自ら手掛けるインストゥルメンタル作品の数々は、美しさとエネルギーに溢れ、その楽曲を紡ぎだす箏の音色は、聴く人の固定観念を打ち崩すほどにあたたかく、パワフルで、そしてとてもやさしい。 多くの楽曲がTV・ラジオ番組のテーマ曲やBGM、コマーシャル音楽等に起用され、オンエアされている。また、観客からのジャンルを問わないリクエスト曲に答え、その場で即興演奏をするパフォーマンス(本人曰く「Kotoっちゃう」)が人気コーナーとなっている。

ギター、アコーディオン、ヴァイオリンなど個々の楽器とのセッション、ピアノ・ウッドベースとのJazzyなトリオやロックバンドまで、その演奏スタイルは幅広く、自在にチューニングを変えることであらゆる楽器とのセッションにも対応する。 邦楽(純邦楽)と西洋音楽の両方の言葉と理論を熟知し、同時通訳しながら表現できる「音楽のバイリンガル」と評されている。

様々なスペースのライブハウス、コンサートホール、緑に囲まれた野外音楽堂まで演奏場所を選ばずカジュアルな装いでの特製スタンドによる「立ったまま」の自由な演奏スタイルは、伝統的な和楽器を身近に感じさせ、箏という絃楽器の持つ優れた特性をフルに活かした『Kotist宮西希の世界』を実現している。伝統やしきたりにはこだわらない、全く新しい感覚をかね備えているニューエイジ・アーティストである。


母の手ほどきにより箏を始め、3歳で初舞台。 埼玉県立伊奈学園総合高等学校の音楽科、東京芸術大学卒業後、日本、中国、韓国の3カ国の伝統楽器の代表奏者によって構成される楽団「オーケストラ・アジア」に参加。 SkyPerfecTV! 246ch.「ECO MUSIC TV」(制作:第一興商)の番組『eco music colors』で、自らが作曲したオリジナルのインストゥルメンタル作品が番組で採用されたのをきっかけに本格的な音源制作を経て、2002年秋、アルバム『Steps to the Moon』(日本クラウン)発表、ソロアーティストとしてデビュー。

多くのアーティストやミュージシャンとステージやTV・ラジオ番組にてセッションし、 2005年にはTBS「第47回輝く!日本レコード大賞」にアルパ奏者の上松美香とコラボレーションでゲスト出演、多方面から注目を集めた。 国内はもとより海外での公演も行ない、2006年にはAustraliaの在パース日本国総領事公邸に招かれた。ここでは、「Perth Royal Show」Japan Pavilionでのステージの他、公邸でのコンサートにも出演。各界から集まったたくさんの聴衆の歓心を得た。

「多くの方々に箏の音色をより身近なものに感じてもらえるように」と、各地でのコンサートやイベント、ラジオ・テレビの公開放送、学校コンサートなどの他、教育の現場に招かれての授業・コンサート・進路講演等、様々なシーンに精力的に出演している。

また、国内のものに留まらず国際的な学術会議などの場での演奏依頼も数多く、2016年にはG7仙台財務大臣・中央銀行総裁会議の夕食の席での演奏も好評を得た。

2011年東日本大震災後は直後の4月から、1人で車を運転し東北へ向かい、避難所を訪れ音楽での支援を開始。そこでの「体に食料が必要なように、生きてゆく上で心にも栄養が不可欠。音楽はその栄養になりうる」という体験をブログ等に綴るうち、ファンの方々から「活動の支援をしたい」との声が上がり「Music for Youプロジェクト」を発足。ライフワークとして被災地訪問を続けている他、病院コンサートなどもこのプロジェクトとして行なっている。

CDジャケットは3代目のトコとの写真が使われるなど、非常に愛犬家でもあり、飼い犬のことをテーマにした楽曲も発表している。(「夢みるドラゴン」「トコとお散歩」)他にも、ウサギや犬、きりんなど動物にまつわる楽曲も多い。
保護犬活動にも力を注ぎ、東日本大震災の際は、それまでに知り合った全国のラジオパーソナリティなどに緊急災害時動物救援について、また動物救援への募金の存在などをアナウンスしてもらうよう要請するなど、熱い思いをもっている。
現在の4代目の犬は、保健所の最終部屋までいったが殺処分を免れ保護されたルカ。保護犬、保健所の犬たちの現状をSNSでも多く発信している。


【 in ENGLISH 】






お仕事依頼の方は、こちらもご利用ください。
印刷用プロフィール資料
学校公演(講演)・会館自主公演 資料







<コティストとは?>

一般的に、箏を弾く方々は自分たちのことを「箏曲(そうきょく)演奏家」と名乗ります。「箏曲」というのは、 古くから伝わる伝統的な箏の曲のことで、例えば「JAZZ」、「ROCK」などという、音楽のジャンル名になります。 なので、 箏曲演奏家とは、「箏曲」を演奏する「演奏家」という意味になります。
しかし、<宮西 希>の場合、自ら作曲・アレンジ・演奏まで行うということと、演奏する音楽のジャンルには全くこだわりを持たず、 フリースタイルでの活動なので、とても「箏曲演奏家」とは名乗れません・・・。
そこで、PIANOはピアニスト(Pianist)、と言うようにKOTOなので『コティスト(Kotist)』なのです。


<J-Trad.POP>

日本の伝統楽器を使って、新しい感覚で活動をしているアーティストが年々増えてきました。 それらのアーティストが、全く新しい感覚で演奏している楽曲たちは、POPSやフュージョンの要素も兼ね備えた、 今までになかった新しいジャンルで、 これらを「J-トラディショナル・ポップ」通称「J-Trad.POP」と私たちは呼んでいます。


<KOTOっちゃう>

宮西 希は本来、オリジナル楽曲を中心に活動していますが、もちろんカヴァー曲も取り入れています。 でも、あらかじめアレンジをしてカヴァーするのではなく、その場でいきなり、突然言われたリクエストにお答えして 即興で弾くことを 「カヴァーする」ではなく、「KOTOっちゃう」と言います。
これは、神戸のKiss-FM、「宮西 希のJ-トラディショナルポップ」という番組の中でスタートしました。 ラジオ番組では、頂いたリクエスト曲は通常、CDを流すものですが、「箏で弾くと、こんな感じ!」と、 即興演奏したのが始まりです。 それがリスナーにうけ、毎週様々なリクエスト曲を番組内で「KOTOっちゃう」ようになりました。
宮西 希のステージでは、すでに名物コーナーになっている「この曲、KOTOっちゃうぞ〜コーナー!」ですが、 神戸ハーバーランドのモザイク広場で行われたKiss-FMのイベントで、目の前のお客さまに披露したのが、 この名物コーナー誕生の瞬間です。
これが全国のラジオ番組や、イベント・ライブなどで「おもしろい!」と話題になり、そして、ついには『ちょっとひとりKOTO』という CDアルバム制作のきっかけとなったのです。






本人によるプロフィール

〈好きなもの〉
犬・ドライブ・海・飛行機・TINTIN・鉛筆削り
阪神タイガース・寝続けること・周波数探し

〈好きな食べ物〉

生春巻・納豆・根菜・オクラ・なめこ・明日葉・なめろう
パン・牛乳・ココア・セロリ・刺身・チョコレート・あんこ

〈好きな音楽〉
'80年代AOR・Boyz II Men・Bob James・斎藤誠さん
Peter Cetera・スピッツ

〈尊敬する音楽〉
松任谷由実さん・Leonard Bernstein

〈苦手なもの〉

探し物・寒い所・ゴキ○リ(全部文字にするのもイヤ!)
視力検査・貝類・活き造り・くしゃみ
タバコの煙と食事中でも遠慮しない喫煙者

〈自分の性格〉
気が強い・頑固・負けず嫌い・両極端(中途半端はキライ)
他人の意見に左右される・一般社会常識に弱い・優柔不断